Feel the wind~Cumulus

ROフェンリル鯖でまったりしているお肉のブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雀龍門が初めての麻雀って子も結構いて、プレイ中に色々聞かれるので
今まで色々聞かれた事をまとめてみますた。

このほかにも何かあったら追記する予定でござんす(゚∀゚)
なお、この用語一覧はエルフレメンバーが雀龍門プレイ中にメッセで会話する内容に
基づいているものですのであしからず。





数字の読み方
麻雀における数字の読み方は以下を参照
1  2  3  4  5  6  7  8  9
イー リャン サン スー ウー ロー チー パー チュー

萬子(マンズ、ワンズ)
数牌の一種。一萬~九萬の9種類がある。
1m、2m等と略されることが多い。

萬子:
p_ms1_1.gifp_ms2_1.gifp_ms3_1.gifp_ms4_1.gifp_ms5_1.gifp_ms6_1.gifp_ms7_1.gifp_ms8_1.gifp_ms9_1.gif


筒子(ピンズ)
数牌の一種。一筒~九筒の9種類がある。
1p、2p等と略されることが多い。

筒子:
p_ps1_1.gifp_ps2_1.gifp_ps3_1.gifp_ps4_1.gifp_ps5_1.gifp_ps6_1.gifp_ps7_1.gifp_ps8_1.gifp_ps9_1.gif


索子(ソーズ)
数牌の一種。一索~九索の9種類がある。
1s、2s等と略されることが多い。

索子:
p_ss1_1.gifp_ss2_1.gifp_ss3_1.gifp_ss4_1.gifp_ss5_1.gifp_ss6_1.gifp_ss7_1.gifp_ss8_1.gifp_ss9_1.gif


対子(トイツ)
同じ牌を2つ揃えたもの。

雀頭(ジャントウ)
アタマとも呼ぶ。
あがるために必要な同じ牌二枚の組み合わせであり、対子と同義。
4面子1雀頭が麻雀の基本的なあがり方である。
4面子と別に揃える対子のことを雀頭と呼ぶ。

順子(ジュンツ、シュンツ)
同じ種類の数牌を順番に3つ集めたもの。123や345等。

刻子(コーツ)
同じ牌を3つ揃えたもの。
鳴いて揃えたものを明刻(ミンコー)、手牌にて揃えたものを暗刻(アンコー)と呼ぶ。
明刻と暗刻を総称して刻子と呼ぶ。

槓子(カンツ)
カンをして揃えた同じ牌を4つ揃えたもの。
鳴いて揃えたものを大明槓(ダイミンカン)、手牌にて揃えたものを暗槓(アンカン)、
ポンしたものに手牌にきた牌を足す形でそろえたものを加槓(カカン)と呼ぶ。
大明槓と加槓を総称して明槓(ミンカン)と呼ぶ。
一般的に槓子は刻子と同様の扱いとなる。(例:槓子2つと刻子2つ、雀頭1つで対々和となる等)
一部のルールでは大明槓して嶺上開花であがった場合、責任払いとなる事もあるが、
雀龍門では採用されていない。

面子(メンツ)
①麻雀をプレイする人、メンバーのこと。
②順子、刻子(槓子)のこと。プレイ中で面子といえばこちらを指すことが多い。
基本的に麻雀は4面子と雀頭を揃えるゲームである。

裏目(ウラメ)
自分の捨て牌がまたきたり、ドラ傍切ったらドラがきたり、無理して振り込んだり、
自分の行動が裏目に出たときに裏目った!という感じで使う。
まさかこの項目を書くことになるとは思わなかったけど、結構いろんな人に聞かれるので
乗せておく。
ちなみに、全然麻雀用語じゃないです。

ヤオ九牌(ヤオチューハイ)
数牌の1、9と字牌のこと。

老頭牌(ロウトウハイ)
数牌の1、9のこと。

中張牌(チュンチャンパイ)
数牌の2~8のこと。

一向聴(イーシャンテン)
残り1手でテンパイできる状態のこと。
同様に残り2手でテンパイできることを二向聴(リャンシャンテン)、残り3手だと三向聴(サンシャンテン)・・・
と続くが一般的に二向聴以降はほとんど使われない。全然そろってないようなもんだし。

聴牌(テンパイ)
残り1手であがれる状態のこと。門前でこの状態となるとリーチが宣言できる。
いかに早く、いかにいい役でこの状態にもってこれるかが麻雀の勝敗に影響する。

不聴(ノーテン)
テンパイしていない状態の事。
流局した場合にノーテンだった場合、テンパイしている人に対しノーテンの人が合計3000点を支払うことになる。
この支払う点のことを不聴罰符(ノーテンバップ)という。

鳴き(ナキ)
ポン、チー、カンをする事。
一般に鳴いた時点で門前ではなくなるが、暗槓のみ門前のままとなる。
一般的に、鳴いた、鳴く等の使われ方をする。

門前(メンゼン)
鳴いてない状態の事。
基本的にこの形でないとつかない役が多い為、高得点役を狙うためにはほぼ必須となる。

喰い断(クイタン)
鳴いてタンヤオを作る事。
ヤオ九牌を使わずに鳴きまくってるとこの形になる。
ルール設定でON/OFFができるので、OFFの場合、喰い断のみだと
あがれないので注意。

五本場二翻縛り(ゴホンバリャンハンシバリ)
連荘や流局によって五本場となった場合、和了役が二翻以上なければあがることのできないルール。
翻牌1種類や喰い断のみではあがることが不可能になる。
なお、ドラはあがったときにつく役のため、ドラがいくつあってもそれ以外に二翻以上なければあがることは出来ない。

四開槓(スーカイカン)
2人以上が合計4回カンをした場合、途中流局となるルール。
このときの流局にはテンパイ、ノーテンに関わらず、点棒の授受は行われない。
ちなみに、1人で4回カンをした場合は途中流局にならない。

九種九牌(キュウシュキュウハイ)
鳴きのない一順目に、手牌に九種類以上ヤオ九牌があった場合、途中流局とすることができるルール。
このときの流局にはテンパイ、ノーテンに関わらず、点棒の授受は行われない。
ちなみに、九種九牌を宣言するか否かは自由のため、続行する事も可能。

上家(カミチャ)
自分から見て左側、つまり自分より1つ先に行動する人の事。

下家(シモチャ)
自分から見て右側、つまり自分より1つ後に行動する人の事。

対面(トイメン)
自分から見て真正面にいる人の事。

包(パオ)
責任払いとも言う。役満を確定させる牌を鳴かれた人に対して課せられる罰則。
最終的にツモであがられた場合はすべての点棒を、ロンあがりされた場合は振り込んだ人と半々を
あがった人に支払うルール。
具体的には大三元と大四喜に対し、課せられる。
たとえば、白發を鳴いている状態で中を鳴かれた場合、中を鳴かれた人が責任払いとなる。
この状態で白發中を鳴いた人がツモであがった場合、中を鳴かれた人は全額を払う。(振り込むのと同様)
中を鳴かれた人以外が振り込んでロンあがりされた場合、中を鳴かれた人と振り込んだ人が半分ずつを
支払う。

満貫(マンガン)
麻雀では翻数が増えると点数がほぼ倍になっていくので、点数が増えすぎないように
特定の翻数で区切って限度を設ける制度(この考え方は跳満、倍満、三倍満、役満も同様)
満貫は、40符4翻以上から5翻までを満貫とする。
符の計算は非常にややこしく、覚えるのが大変なため、あまり気にする必要はない。
満貫の点数は、親で12000、子で8000である。

跳満(ハネマン)
正しくは跳満貫という。
6翻と7翻の場合が跳満となり、点数は親で18000、子で12000となる。
跳ねる、跳ねたなどと言われる。

倍満(バイマン)
正しくは二倍満貫という。
8翻から10翻までのあがり役の場合を倍満とする。
点数は親で24000、子で18000である。
この倍満がなかなか超えられず、大抵大きな複合役であがった場合、倍満でとまることが多い。

三倍満(サンバイマン)
正しくは三倍満貫という。
11翻と12翻の場合、三倍満とする。
点数は親で36000点、子で24000点である。
かなりの役を複合させたり、ドラがうまく乗らないと届かず、
ある意味役満より出にくい。

数え役満(カゾエヤクマン)
正しくは数え役満貫という。
複合役やドラが乗る事により、13翻を超えた場合に数え役満となり、
役満と同様の扱いになる。
点数は親で48000点、子で32000点である。
ドラが乗りまくった場合や鬼のような複合役であがったときにまれに数え役満となる。
大抵、裏が乗りまくった場合、三倍満を通り越して数え役満になることが多い。

役満(ヤクマン)
正しくは役満貫という。
難易度の高い特定の役をあがった場合、役満とする。
点数は親で48000点、子で32000点。
一般的に出やすい役満としては、四暗刻、大三元、国士無双、小四喜あたりが狙いやすい。
役満は、役満以上の役のみと複合し、同時に2つの役満をあがった場合、ダブル役満となる。
字一色、小四喜あたりが複合しやすい。

流し満貫(ナガシマンガン)
流局するまでに、すべての捨て牌がヤオ九牌であり、1度も鳴かれていない場合、
流し満貫となり、満貫をあがったものと同じ扱いになるルール。
満貫というのが嘘のように難しい。

ダブ東(ダブトン)
東場の親(東家)の場合、場風牌と自風牌がカブる為、
それぞれ複合して2翻となる。通常、連風牌と呼ばれる。
同様に、南場の南家もダブ南と呼ばれ、同じく連風牌扱いとなる。

馬(ウマ)
終局時に課せられる順位点のこと。通常、馬といえば下位の人に与えられる罰点。
逆に、上位者に与えられる順位点ボーナスは丘(オカ)と呼ぶ。

焼き鳥(ヤキトリ)
終局時、その局で一度もあがれなかった状態のこと。
ルールによっては焼き鳥に罰点を課すこともある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。